愛知県犬山市の病院 ふなびきクリニック
メールでのお問い合わせはこちら
被扶養者ミニドック健診
 
被扶養者ミニドック健診は特定健康診査をベースとした、より詳しい健康診査です。特定健康診査は40歳から75歳未満の方に検査が義務付けられていますが、被扶養者ミニドック健診は任意の検査となります。

「全国健康保険協会(協会けんぽ)」に加入している方の扶養者が対象の健康診断で、年度内1回に限り、保険者の費用負担が受けられます。受診の際には、「全国健康保険協会(協会けんぽ)」から発行される「特定健康診査受診券」が必要となります。
 
被扶養者ミニドック健診の検査項目
検査項目 検査内容 概要
診察 問診、触診、視診 気になる症状について医師が相談
身体計測 身長、体重(BMI・標準体重)、腹囲 肥満度判定、35歳以上は腹囲測定によるメタボ判定
視力検査 スクリノスコープ 視力
聴力検査 オージオメータ(1000Hz・4000Hz) 聴力障害
血圧測定 最高血圧、最低血圧 高血圧症、低血圧症
心電図検査 安静時12誘導 不整脈、心筋梗塞等の活動電位の検査
眼底検査 無散瞳カメラ撮影 動脈硬化、網膜はく離、白内障、眼底出血
胸部X線検査 胸部X線撮影 肺がん、肺結核、肺炎、肺気腫、肺線維症、気管支炎拡張症、心拡大
胃部X線検査 食道、胃部、十二指腸 食道、胃、十二指腸のがんやポリープ、腫瘍、炎症等
尿検査 蛋白、糖、潜血 腎疾患、尿路系
便検査 便潜血反応(ヒトヘモグロビン2日法) 大腸がん、大腸ポリープ
血液検査
検査項目 検査内容 概要
脂質検査 トリグリセライド(中性脂肪)、HDLコレステロール、LDLコレステロール 動脈硬化、甲状腺機能低下、肥満症、高脂血症等
腎機能検査 クレアチニン、UA(尿酸) 腎臓機能
肝機能検査 AST(GOT)、ALT(GPT)、ALP、γーGT(γーGTP) 肝臓がん、肝硬変、慢性肝炎、脂肪肝、急性肝炎、脂肪肝、肝硬変等
糖尿病検査 グルコース(空腹時血糖値)、ヘモグロビンA1c 糖尿病の検査
血液学検査 白血球数、赤血球数、ヘマトクリット、MCH(平均赤血球血色素量)、MCHC(平均赤血球血色素濃度) 各臓器の炎症・外傷・白血病・膠原病・貧血・多血症・脱水・紫斑病・肝硬変等の検査
 
被扶養者ミニドック健診の検査項目(医師が必要と判断した場合のみ)
検査項目 検査内容 概要
眼底検査 無散瞳カメラ撮影 動脈硬化、網膜はく離、白内障、眼底出血
直腸検査 直腸 直腸がん
 
特定保健指導
腹囲が基準値を超えていたり肥満がある場合は、血糖値や中性脂肪、コレステロール値、血圧、喫煙の有無によって生活習慣のリスクを判定します。そしてそのリスクによって、2段階の保健指導が義務付けられています。
動機づけ支援
生活習慣の改善を促すため、原則として1回の支援が受けられます。生活習慣改善に取り組めるよう専門家の動機づけを行います。
受診者負担額 12,600円
 
受診の流れ
1.受診券の受け取り
年度始めに受診券が個人宛に直接郵送されます。
↓
2.健診機関に予約をする
全国健康保険協会(協会けんぽ)と契約している健診機関に、健診の予約をして下さい。もちろん、ふなびきクリニックは全国健康保険協会(協会けんぽ)契約健診機関です。
↓
3.健診を受ける
当日は「受診券」と「保険証」、それに「受診費用の一部」が必要になりますので、忘れずに持参するようにして下さい。昨年度の健診結果をお持ちの場合は健診結果も持参して頂きますとより適切な診断に繋がりますので、持参して頂きます事をお勧めします。
 
「被扶養者ミニドック健診」についてのお問い合わせやご予約は、メールでもお電話でもお気軽にどうぞ。ふなびきクリニックの健診センターでは多種多様の各種健診を承っておりますので、どんな健診を受ければいいか迷った時もどうぞお気軽にご相談下さい。最適な健診をご案内致します。
健診についてのお問い合わせやご予約はこちらからどうぞ
>> 健診センターのご案内に戻る
 
リンク更新履歴サイトマップ
医療法人 ふなびきクリニック
〒484-0061 愛知県犬山市前原桜坪29番地の2
TEL 0568-62-8811 FAX 0568-62-3399
胃腸科・外科・内科・小児外科・小児科・肛門科・泌尿器科・皮膚科・整形外科