愛知県犬山市の病院 ふなびきクリニック
メールでのお問い合わせはこちら
医療豆知識
 
インフルエンザワクチンとは
インフルエンザワクチンは、季節性のインフルエンザを防ぎます。生後6か月以上で12歳まで(13歳未満)は2回接種します。1回目を接種したら、およそ2〜4週間あけて2回目を接種します。13歳以上は通常1回接種ですが、およそ2〜4週間あけて2回目を接種する事もできます。(特に小さな子どもの場合、1回の接種だけでは十分な免疫ができません。重症化を予防するのに必要な免疫ができるのは、2回目を接種して2週間ほど経った頃です。)

毎年流行するウイルスの型が違いますので、流行を予測して合わせたワクチンが作られます。なので前のシーズンに接種していても予防効果は期待できませんので、原則として毎年接種する事になります。強い卵アレルギーの方はごくまれにショックやじんましん、呼吸困難などのアレルギー症状が現れる事がありますので、かかりつけの医師に相談して下さい。
 
関連する医療豆知識
日本脳炎ワクチンとは
>> 医療豆知識一覧へ戻る
 
リンク更新履歴サイトマップ
医療法人 ふなびきクリニック
〒484-0061 愛知県犬山市前原桜坪29番地の2
TEL 0568-62-8811 FAX 0568-62-3399
胃腸科・外科・内科・小児外科・小児科・肛門科・泌尿器科・皮膚科・整形外科