愛知県犬山市の病院 ふなびきクリニック
メールでのお問い合わせはこちら
医療豆知識
 
花粉症の主な治療薬
花粉症の主な治療薬には以下のようなものがあります。

1.メディエーター遊離抑制薬(経口薬、点眼薬、点鼻薬)
アレルギー症状を起こす物質(ヒスタミンやメディエーター)が体内で出ないようにするお薬です。

2.抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)(経口薬、点眼薬、点鼻薬)
アレルギー症状を起こすヒスタミンが神経などにくっつかないようブロックし、くしゃみや鼻水を軽減したり、目のかゆみや充血などの症状を出ないようにするお薬です。

※ 抗ヒスタミン薬は第1世代と第2世代に分かれ、第1世代は早期に効果が現れますが、経口薬では眠気などの副作用があります。第2世代は効果が現れるまでにやや時間がかかりますが、眠気などが少ないのが特徴です。

3.ステロイド薬(経口薬、点眼薬、点鼻薬)
副腎皮質ホルモンであるステロイドは、強力な炎症抑制作用と免疫の働きを弱める作用により症状を緩和するお薬です。

4.血管収縮薬(点鼻薬)
粘膜の血管を収縮させて粘膜の腫れを取り除く点鼻薬で、鼻づまりに効果を示します。

5.抗ロイコトリエン薬(経口薬)
鼻粘膜の腫れを引き起こすロイコトリエンが免疫細胞から放出されるのを抑制することで、主に鼻づまりの症状を抑えるお薬です。

これら5つに分類された治療薬それぞれに、特徴の異なる多彩な製剤があります。症状をしっかりと伝え、自分に合った薬を処方してもらうようにしましょう。
 
関連する医療豆知識
花粉症対策の基礎
スギ花粉症の初期症状
>> 医療豆知識一覧へ戻る
 
リンク更新履歴サイトマップ
医療法人 ふなびきクリニック
〒484-0061 愛知県犬山市前原桜坪29番地の2
TEL 0568-62-8811 FAX 0568-62-3399
胃腸科・外科・内科・小児外科・小児科・肛門科・泌尿器科・皮膚科・整形外科