愛知県犬山市の病院 ふなびきクリニック
メールでのお問い合わせはこちら
医療豆知識
 
女性のストレス病と漢方薬
「疲れやすい」「眠れない」といったちょっと困る程度の症状なら、十分な休養をとって散歩や趣味などで時々ストレスの元から離れるようにするだけで改善します。でも、自分ではどうしようもない症状がいつまでも続くようなら、かかりつけ医(できたら心療内科などの専門医)に相談する事が大切です。

ストレスの治療としては、まず薬(抗不安薬、抗うつ薬、睡眠薬など)で症状を落ち着かせ、それから自律訓練法や行動療法でストレスに対する抵抗力をつけていきます。漢方薬は、基本的には西洋薬の作用でカバーしきれない症状の改善に役立ちます。又、西洋薬を減量をしたり中止をしたりする時に不安を感じる人も多いのですがその際にも漢方薬は役立ちますし、長期間使っても依存性を生じるという問題がありません。

例えば、不安が強く、のどの異物感や動悸・めまいがあるような場合には柴朴湯(サイボクトウ)を、体力がなく、のぽせを伴い、不定愁訴がある場合には加味逍遙散(カミショウヨウサン)を、体力がなく、貧血、意欲低下、抑うつ傾向がある場合には加味帰脾湯(カミキヒトウ)を使うなど、精神状態だけでなく全身の状態をみて処方を決めます。

この他にもストレス病に使われる漢方薬としては、抑肝散加陳皮半夏(ヨクカンサンカチンピハンゲ)、柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)など様々な種類があります。

黄色い蛍光ペンでラインが引いてある漢方薬が、ふなびきクリニックで取り扱いのある漢方薬です。
 
関連する医療豆知識
男性のストレス病と漢方薬
不眠と漢方
>> 医療豆知識一覧へ戻る
 
リンク更新履歴サイトマップ
医療法人 ふなびきクリニック
〒484-0061 愛知県犬山市前原桜坪29番地の2
TEL 0568-62-8811 FAX 0568-62-3399
胃腸科・外科・内科・小児外科・小児科・肛門科・泌尿器科・皮膚科・整形外科