愛知県犬山市の病院 ふなびきクリニック
メールでのお問い合わせはこちら
医療や健診でよくあるご質問
 
ピロリ菌の検査はどのように行いますか?
ピロリ菌の検査方法には大きく分けて「内視鏡(胃カメラ)を使うタイプ」と「内視鏡(胃カメラ)を使わないタイプ」があり、全部で6種類の検査方法があります。

「内視鏡(胃カメラ)を使うタイプ」
1. 培養法
内視鏡(胃カメラ)で組織の一部を取って、ピロリ菌を培養して調べます。
2. 迅速ウレアーゼ法
内視鏡(胃カメラ)で組織の一部を取って、ピロリ菌の持つウレアーゼの働きで作られるアンモニア(NH3)の有無を調べます
3. 組織鏡検法
内視鏡(胃カメラ)で組織の一部を取って、顕微鏡でピロリ菌がいるかどうか調べます。

「内視鏡(胃カメラ)を使わないタイプ」
1. 尿素呼気試験法
呼気(吐き出した息)を採取して調べる方法です。ピロリ菌の持つウレアーゼの働きで作られる二酸化炭素(CO2)の量を調べます。
2. 抗体測定法
尿や血液のピロリ菌に対する抗体の有無を調べます。
3. 抗原測定法
糞便中のピロリ菌抗原の有無を調べます。
※ 現在、ふなびきクリニックで実施している内視鏡(胃カメラ)を使わないタイプのピロリ菌検査は、「抗体測定法」と「抗原測定法」のみになります。

ピロリ菌の検査で保険が適用されるのは、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)、早期胃がん、慢性胃炎に対する内視鏡的治療後胃の患者さんだけになります。患者様の状態により最適な検査方法で検査致しますので、まずはお気軽にご相談下さい。
 
関連するよくあるご質問
ピロリ菌ってどんな菌ですか?
ピロリ菌の除菌治療はどのようなものですか?
>> よくあるご質問一覧へ戻る
 
リンク更新履歴サイトマップ
医療法人 ふなびきクリニック
〒484-0061 愛知県犬山市前原桜坪29番地の2
TEL 0568-62-8811 FAX 0568-62-3399
胃腸科・外科・内科・小児外科・小児科・肛門科・泌尿器科・皮膚科・整形外科