愛知県犬山市の病院 ふなびきクリニック
メールでのお問い合わせはこちら
医療や健診でよくあるご質問
 
潰瘍性大腸炎とはなんですか?
潰瘍性大腸炎は「原因不明の難病」と言われることがありますが、大腸に炎症が起こることで下痢や血便、腹痛などの症状があらわれる病気です。この炎症が起きる原因がよくわかっていないため、国が「指定難病」としています。

潰瘍性大腸炎の治療は近年大きな進歩を遂げ、ほとんどの患者さんが薬による治療で症状が治まります、これを「寛解(かんかい)」と言いますが、治療をきちんと続けていくことで病気になる前と変わらない生活を送ることができます。

潰瘍性大腸炎の多くは、大腸に炎症があって自覚症状のある「活動期」と、大腸の炎症の治まって症状のなくなる「寛解(かんかい)期」を繰り返します。寛解期から活動期に移行することを再燃といいますが、原因不明で根本治療のない慢性的な病気となりますので根気よく治療を進めていく必要があります。
 
関連するよくあるご質問
潰瘍性大腸炎ですが、食事で気にすることはありますか?
潰瘍性大腸炎ですが、妊娠・出産は可能ですか?
潰瘍性大腸炎ですが、スポーツをしてもいいですか?
>> よくあるご質問一覧へ戻る
 
リンク更新履歴サイトマップ
医療法人 ふなびきクリニック
〒484-0061 愛知県犬山市前原桜坪29番地の2
TEL 0568-62-8811 FAX 0568-62-3399
胃腸科・外科・内科・小児外科・小児科・肛門科・泌尿器科・皮膚科・整形外科