愛知県犬山市の病院 ふなびきクリニック
メールでのお問い合わせはこちら
医療や健診でよくあるご質問
 
潰瘍性大腸炎ですが、食事で気にすることはありますか?
活動期(自覚症状のある時期)には高エネルギーで良質のたんぱく質、消化の良い食品をとる必要がありますが、寛解期(薬によって症状が治まった時期)に厳しい食事制限の必要はありません。適量で栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

活動期には腸管からの栄養の吸収が下がり、体力を消耗しがちです。また、下痢で水分や電解質も失われやすいことから、おかゆや麺類など「エネルギー」「水分」「塩分」を補給できる食事が勧められます。たんぱく質としては卵や大豆食品、魚類がお勧めです。反対に、腸に負担をかける高脂肪食や食物繊維、刺激の強い香辛料、アルコールや炭酸飲料などは控えるようにしてください。
 
関連するよくあるご質問
潰瘍性大腸炎とはなんですか?
潰瘍性大腸炎ですが、妊娠・出産は可能ですか?
潰瘍性大腸炎ですが、スポーツをしてもいいですか?
>> よくあるご質問一覧へ戻る
 
リンク更新履歴サイトマップ
医療法人 ふなびきクリニック
〒484-0061 愛知県犬山市前原桜坪29番地の2
TEL 0568-62-8811 FAX 0568-62-3399
胃腸科・外科・内科・小児外科・小児科・肛門科・泌尿器科・皮膚科・整形外科