愛知県犬山市の病院 ふなびきクリニック
メールでのお問い合わせはこちら
医療豆知識
 
B型肝炎ワクチンとは
B型肝炎ワクチンは、B型肝炎を予防するワクチンです。(B型肝炎の予防は肝臓がんの予防にもなります。)4週間隔で2回接種し、その後20〜24週経ってから1回接種(合計3回接種)します。2回目までの接種では免疫が不十分で、十分な免疫を獲得するためには3回目の接種が大事になります。ワクチンの効果は10-20年前後とされていますので、10-15歳頃に追加接種をする事も望まれます。(女児は11歳頃にHPVワクチンとの同時接種もすすめられます。)

母親が妊娠中に検査を行ってB型肝炎キャリアである事がわかった場合には、母子感染予防として健康保険で接種できます。母親がB型肝炎キャリアでない場合は、任意接種となりますが生後すぐから接種可能です。ただ、通常は生後1〜2ヶ月から接種を始めるのがおすすめですし、生後2ヶ月で受けるとヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、ロタウイルスワクチンとの同時接種ができます。
 
関連する医療豆知識
ヒブワクチンとは
小児用肺炎球菌ワクチンとは
ロタウイルスワクチンとは
A型肝炎ワクチンとは
>> 医療豆知識一覧へ戻る
 
リンク更新履歴サイトマップ
医療法人 ふなびきクリニック
〒484-0061 愛知県犬山市前原桜坪29番地の2
TEL 0568-62-8811 FAX 0568-62-3399
胃腸科・外科・内科・小児外科・小児科・肛門科・泌尿器科・皮膚科・整形外科