愛知県犬山市の病院 ふなびきクリニック
メールでのお問い合わせはこちら
医療豆知識
 
運動療法:変形性膝関節症の体操
変形性膝関節症に効果のある運動療法をご紹介します。尚、痛みが伴う場合や上肢等にしびれがある方は行わないで下さい。又、重度の膝関節症の一部には適さないケースもありますので、あらかじめ専門医にご相談下さい。

変形性膝関節症の体操 変形性膝関節症の体操1.「脚上げ体操」
仰向けに寝て、片側の足を曲げて立てます。もう片側の足を伸ばしたまま、床から10cmくらいまで上げ5秒間静止します。

一度下ろして又5秒間上げます。これを20回繰り返します。(反対側の脚も同じ様に行います。)
↓
変形性膝関節症の体操 変形性膝関節症の体操2.「横上げ体操」
横向けに寝ます。(下になる足は少し曲げると体が安定します。) 上になった足を伸ばしたまま、床から10cmくらいまで上げ5秒間静止します。

一度下ろして又5秒間上げます。これを20回繰り返します。(反対側の脚も同じ様に行います。)
↓
変形性膝関節症の体操 変形性膝関節症の体操3.「ボール体操」
直径20cm前後の硬めのボール(サッカーボール等)を太ももの間に挟みます。この時、ボールが膝に当たらないよう注意しましょう。

息を吐きながら5秒間、太ももに力を入れます。この時、数を数えながら行うと自然に息を吐く事が出来ます。

一度力を抜いて、又5秒間力を入れます。これを20回繰り返します。
↓
変形性膝関節症の体操 変形性膝関節症の体操4.「つかまり足踏み体操」
高さ70cmくらいの椅子(机)を用意して、椅子(机)に両手をかけた状態で足踏みを100歩繰り返します。痛みがある方は70cmより低い椅子(机)を使用して行うと、膝の負担が軽減できます。
 
関連する医療豆知識
運動療法:肩関節周囲炎の棒体操
>> 医療豆知識一覧へ戻る
 
リンク更新履歴サイトマップ
医療法人 ふなびきクリニック
〒484-0061 愛知県犬山市前原桜坪29番地の2
TEL 0568-62-8811 FAX 0568-62-3399
胃腸科・外科・内科・小児外科・小児科・肛門科・泌尿器科・皮膚科・整形外科