愛知県犬山市の病院 ふなびきクリニック
メールでのお問い合わせはこちら
医療豆知識
 
熱中症とは
熱中症とは、室温や気温が高い中での作業や運動により体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れ、体温の調整機能が働かなくなり、体温上昇やめまい、倦怠感、痙攣、意識異常などを起こす病気です。家の中でじっとしていても、室温や気温が高いと熱中症になる場合がありますので注意が必要です。

「熱中症の分類と対処方法」
症状 対処 医療機関への受診
めまい・立ちくらみ・こむら返り・大量の汗 涼しい場所へ移動・安静・水分補給 症状が改善すれば受診の必要なし
頭痛・吐き気・体がだるい・体に力が入らない・集中力や判断力の低下 涼しい場所へ移動・体を冷やす・安静・十分な水分と塩分の補給 症状が改善すれば受診の必要なし。口から飲めない場合や、症状の改善が見られない場合は受診が必要
意識障害(呼びかけに対し反応がおかしい、会話がおかしいなど)・痙攣・運動障害(普段通りに歩けないなど) 涼しい場所へ移動・安静・体が熱ければ保冷材などで冷やす ためらう事なく救急車(119)を要請!

「熱中症の応急処置」
・涼しい場所へ移動し、衣服を緩め、安静に寝かせる
・エアコンをつけ、扇風機やうちわなどで風を当て、体を冷やす。
・脇の下や、太ももの付け根あたりを保冷材や氷水で冷やす。
・飲めるようであれば、水分を少しずつ頻繁に取らせます。

こんな時はためらわずに救急車を呼びましょう!
・自分で水が飲めなかったり、脱力感や倦怠感が強く動けない場合
・意識が無い(おかしい)、全身の痙攣がある場合
 
関連する医療豆知識
熱中症予防のポイント
お年寄りの熱中症に注意!
子どもの熱中症に注意!
>> 医療豆知識一覧へ戻る
 
リンク更新履歴サイトマップ
医療法人 ふなびきクリニック
〒484-0061 愛知県犬山市前原桜坪29番地の2
TEL 0568-62-8811 FAX 0568-62-3399
胃腸科・外科・内科・小児外科・小児科・肛門科・泌尿器科・皮膚科・整形外科