愛知県犬山市の病院 ふなびきクリニック
メールでのお問い合わせはこちら
医療豆知識
 
夏ばてと漢方薬
暑い夏の盛りを過ぎ初秋になっても体調がすぐれない、体がだるい、食欲がない、胃腸の調子が悪い、頭痛がする、体重が落ちる、下痢をする、めまいがある…こんな症状は一般的に「夏ばて」と呼ばれます。冷房のあたり過ぎによる体温の調節不良、発汗によるビタミンやミネラル不足、食欲減退による栄養不足、冷たい飲みものの取り過ぎによる消化機能の低下、暑さによる睡眠不足などが主な原因です。

体がだるく、食欲もなく、下痢があり、夏やせする人には清暑益気湯(セイショエッキトウ)がよく使われます。その名の通り「暑気あたり」に効果があります。胃腸の働きが低下し、体力が著しく落ち、寝汗がある人には補中益気湯(ホチュウエッケトウ)が用いられ、食欲がなく、胃腸が弱く、手足が冷え、全身のだるさが強い人には六君子湯(リックンシトウ)が用いられます。下痢があってノドが渇きやすい人には、過剰な水分摂取を防ぎ胃腸への負担を減らすなど、漢方薬は様々な症状に対応できます。

黄色い蛍光ペンでラインが引いてある漢方薬が、ふなびきクリニックで取り扱いのある漢方薬です。
 
関連する医療豆知識
こむらがえりと漢方薬
>> 医療豆知識一覧へ戻る
 
リンク更新履歴サイトマップ
医療法人 ふなびきクリニック
〒484-0061 愛知県犬山市前原桜坪29番地の2
TEL 0568-62-8811 FAX 0568-62-3399
胃腸科・外科・内科・小児外科・小児科・肛門科・泌尿器科・皮膚科・整形外科