愛知県犬山市の病院 ふなびきクリニック
メールでのお問い合わせはこちら
医療豆知識
 
高血圧と漢方薬
一般的に正常な血圧は、130mmHg(最高血圧)〜85mmHG未満(最低血圧)とされています。140mmHg(最高血圧)〜90mmHG(最低血圧)以上は高血圧とされ、治療が必要と考えられています。高血圧はほかっておくと、脳血管障害や心筋梗塞、心臓肥大などの原因となる可能性もありますので、合併症を起こさないように早めの治療が必要となります。

漢方には、血圧を短時間で強力に下げる薬はありません。QOL(Quality Of Life)を改善する事によって、降圧薬治療を助けます。高血圧の患者さんの中には、ストレスなどにより頭痛やめまい、のぼせ、肩こりなどの症状を訴えたり、それが原因で血圧コントロールに支障をきたしている方もありますので、漢方ではこうした自覚症状を改善する手助けをします。

不眠や動悸を訴え、神経が過敏になっている人には柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)、神経系の症状が強く、冷え、のぼせなどの更年期症状を訴える場合に加味逍遙散(カミショウヨウサン)、起床時に頭痛を訴える場合は釣藤散(チョウトウサン)など、個人の体質、症状に合わせて処方を使い分けます。

黄色い蛍光ペンでラインが引いてある漢方薬が、ふなびきクリニックで取り扱いのある漢方薬です。
 
関連する医療豆知識
頭痛と漢方薬
めまいと漢方薬
>> 医療豆知識一覧へ戻る
 
リンク更新履歴サイトマップ
医療法人 ふなびきクリニック
〒484-0061 愛知県犬山市前原桜坪29番地の2
TEL 0568-62-8811 FAX 0568-62-3399
胃腸科・外科・内科・小児外科・小児科・肛門科・泌尿器科・皮膚科・整形外科