愛知県犬山市の病院 ふなびきクリニック
メールでのお問い合わせはこちら
医療豆知識
 
あせも(汗疹)の治療
あせも(汗疹)の治療には、症状にあわせた薬剤を使います。炎症が無い場合には亜鉛華デンプン(粉末)やカラミンローションを、炎症や湿疹がある場合には中程度以下のステロイド外用薬(ロコイドクリーム等)を使います。また、かゆみが強い場合は内服の抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を対買います。

あせも(汗疹)の治療で使う外用剤には粉末やローション、クリームなどが多いですが、粉末は水分を吸収するので局所を乾燥させる事ができます。又、水分を含んだ粉末やローションは粒子が蒸発する際に皮膚表面の気化熱を奪うため清涼感も出てきます。

クリーム(乳剤性基剤)には冷却作用による清涼感があり、汗をかきやすい部位では汗の貯留が起こらず安定した効果が期待できます。軟膏(油脂性基剤)はベトつきがあり、汗をかきやすい部位では汗の貯留を起こすため向いていません。
 
関連する医療豆知識
家庭できるあせも(汗疹)の予防・対処法
あせも(汗疹)がある際の入浴
>> 医療豆知識一覧へ戻る
 
リンク更新履歴サイトマップ
医療法人 ふなびきクリニック
〒484-0061 愛知県犬山市前原桜坪29番地の2
TEL 0568-62-8811 FAX 0568-62-3399
胃腸科・外科・内科・小児外科・小児科・肛門科・泌尿器科・皮膚科・整形外科