愛知県犬山市の病院 ふなびきクリニック
メールでのお問い合わせはこちら
医療豆知識
 
こむらがえりになった時の対処法
ふくらはぎ(こむら、こぶら)の筋肉が痙攣して、「つって」しまうことを「こむらがえり」と呼びます。痙攣に伴って突然強い痛みが生じることが特徴で、時にふくらはぎ以外の筋肉に起こることもあります。原因としては、水分不足、カリウムやナトリウムなど電解質の不足、筋肉の疲労、足の末梢の血流障害、神経の障害などが考えられますが、多くの場合は原因不明です。薬の副作用でこむらがえりが生じやすくなる場合もあると言われています。

「こむらがえり」の症状が出ないようにするためには、原因となる病気の治療や服用している薬の変更などで対処できるかをまず確認します。繰り返し足がつる時は、原因となる病気がないか医師に相談してください。また、日頃から運動の習慣をつけることも効果的です。水分や電解質を十分に摂取すると、筋肉が疲れにくくなります。尚、透析治療中の人や妊婦もこむらがえりが起こりやすくなりますので注意してください。

こむらがえりの対処法
足がつった時には、つった筋肉(ふくらはぎ)を伸ばすと痙攣が治まります。例えば、以下のようなストレッチを試してみてください。

「つま先をつかんで、すねの方へゆっくりと引いてふくらはぎを伸ばす」
「つった方の足を立膝にして、両手でつま先とかかとを持つ。そのままゆっくりと前方に体重をかけてふくらはぎを伸ばす」
「壁に両手をつき、体重をかけながらつった方のふくらはぎを伸ばす」
 
関連する医療豆知識
カリウムが豊富な食材例
>> 医療豆知識一覧へ戻る
 
リンク更新履歴サイトマップ
医療法人 ふなびきクリニック
〒484-0061 愛知県犬山市前原桜坪29番地の2
TEL 0568-62-8811 FAX 0568-62-3399
胃腸科・外科・内科・小児外科・小児科・肛門科・泌尿器科・皮膚科・整形外科