愛知県犬山市の病院 ふなびきクリニック
メールでのお問い合わせはこちら
医療豆知識
 
痔核(いぼ痔)について
肛門周辺の粘膜の下には、血管が集まって肛門を閉じる働きをする「クッションのような部分」があります。肛門への負担が重なると、このクッションを支える組織(支持組織)が引き伸ばされてクッション部分が大きくなり、出血したり肛門の外に出たりするようになります。これが痔核(いぼ痔)です。
痔核(いぼ痔)について

痔核(いぼ痔)には、直腸側にできる内痔核と、肛門側にできる外痔核があります。又、内痔核が大きくなって脱出(脱肛)するようになると、肛門側の痔核(外痔核)を伴う「内外痔核」という状態になる事もあります。

「内外痔核」では最新の硬化療法(ジオン注射治療)も有効ですので、痔核(いぼ痔)でお困りの方は一度ふなびきクリニックまでご相談下さい。
 
関連する医療豆知識
痔を予防するための日常ケア
痔と間違えやすい病気
痔の治療法
>> 医療豆知識一覧へ戻る
 
リンク更新履歴サイトマップ
医療法人 ふなびきクリニック
〒484-0061 愛知県犬山市前原桜坪29番地の2
TEL 0568-62-8811 FAX 0568-62-3399
胃腸科・外科・内科・小児外科・小児科・肛門科・泌尿器科・皮膚科・整形外科