愛知県犬山市の病院 ふなびきクリニック
メールでのお問い合わせはこちら
医療豆知識
 
痔の治療法
痔の治療法には、大きく分けて「薬物療法」「手術療法」「注射療法」があります。手術は確実な方法で永続性がありますが、最近では注射療法など患者様のニーズに合わせた治療が多く行われています。早めに受信するほど症状は軽く済みますので、お早めにご相談される事が一番の治療法とも言えます。

「薬物療法」
痔の治療薬には、「坐薬」「塗り薬(軟膏・クリーム)」「内服薬」の3種類があります。坐薬は肛門に挿入する固形薬で、塗り薬には肛門周囲に塗るタイプと注入するタイプがあります。いずれの薬にも痛み止めと止血作用があります。内服薬には、便を柔らかくする緩下剤や消炎剤、抗生物質などが用いられる事が多いです。

「注射治療」
内痔核で出血を繰り返す場合には、硬化剤を注入して止血させ痔核を固める方法があります。脱肛を伴う内痔核の一部にも効果はありますが、全ての脱肛する内痔核を治せるというものではありません。注射療法は手術に比べて出血や痛みが少なく、短期間で治療が可能となります。
>> 切らずに治す痔の最新療法(ALTA療法)について

「手術」
手術が必要となるのは、重度の内痔核、投薬治療を2〜3ヶ月行っても症状の改善が見られない裂肛、そして痔ろうの場合です。長期入院となる事は稀で、日帰りでできる手術もあります。症状にもよりますので、お早めに医師にご相談する事が早期完治への近道です。
 
関連する医療豆知識
痔を予防するための日常ケア
痔と間違えやすい病気
痔核(いぼ痔)について
>> 医療豆知識一覧へ戻る
 
リンク更新履歴サイトマップ
医療法人 ふなびきクリニック
〒484-0061 愛知県犬山市前原桜坪29番地の2
TEL 0568-62-8811 FAX 0568-62-3399
胃腸科・外科・内科・小児外科・小児科・肛門科・泌尿器科・皮膚科・整形外科