愛知県犬山市の病院 ふなびきクリニック
メールでのお問い合わせはこちら
医療豆知識
 
インフルエンザとかぜの違い
インフルエンザは普通のかぜよりも症状が重く、合併症を併発しやすいので重症化して死亡するケースもあります。感染力も強く、短期間で爆発的に流行するため、注意が必要なウイルス感染症です。

主な症状がのどや鼻に出る「かぜ」に対して、インフルエンザは突然の高熱から頭痛や関節痛などの全身症状が強く現れるのが特徴です。通常は1週間程度で落ち着きますが、抵抗力の弱い高齢者や幼小児などは合併症を併発し、最悪の場合は死亡する事もあります。

  インフルエンザ かぜ
経過 急激な高熱で発症する。 ゆっくりと経過する。
症状 38〜40度の高熱、悪寒、頭痛、倦怠感などの全身症状を伴う。せき、鼻水、のどの痛みなどの症状が後に続く。 主にせき、鼻水、のどの痛みなどの症状が現れ、発熱を伴う事がある。
合併症 肺炎や脳症など まれ
感染力 強く、人から人へ急速に広がる 弱く、だらだらと広がる事が多い
感染経路 飛沫感染 接触感染
 
関連する医療豆知識
インフルエンザの予防3原則
インフルエンザの場合の出席停止日数の数え方
インフルエンザの合併症
>> 医療豆知識一覧へ戻る
 
リンク更新履歴サイトマップ
医療法人 ふなびきクリニック
〒484-0061 愛知県犬山市前原桜坪29番地の2
TEL 0568-62-8811 FAX 0568-62-3399
胃腸科・外科・内科・小児外科・小児科・肛門科・泌尿器科・皮膚科・整形外科